テーマ:韓国映画

2021年NEW韓国映画新作ラインナップ

 韓国の大手映画配給会社NEWが2021年公開予定の新作ラインナップを公開しましたので、その記事を翻訳してご紹介したいと思います ******************以下、記事翻訳****************  『大韓民国を代表する監督、俳優、制作陣と多様な作品を披露するもの』 メディアグループ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月の劇場街にも春が来るか?史劇・メロ・ドキュメント新作ラインナップ

 4月に入りましたね~新生活が始まった方も多いかと思います。 かく言う私も1年で課内異動になりまして、違うグループでの仕事に就くことになり、海外出張は結局行けず仕舞いで、全く海外とは関係のない業務になりました・・・  1年で変わるのはこの長い職場生活の中で初めてでして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画『KCIA 南山の部長たち』観に行ってきました

 ウリ地方の映画館で先週金曜日から公開になった映画『KCIA 南山の部長たち』を観に行ってきました。  単館なので、1日1回なんですが、今日は夕方5時25分からでした。 そんなにいないかなぁ~と思ったら6人もいました そして気になって仕方なかったのが、観に来ている方、私より年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガンウ君映画『明日の記憶』韓国で4月公開へ

 2年前に撮影が終わっていていつ公開になるのかと思っていたガンウ君とソ・イェジさん主演の映画『明日の記憶』の韓国公開が4月に決定し、ポスターが公開されました  この作品は、記憶を失ってから未来が見え始めたスジン(ソ・イェジ)が混乱した記憶のパズルを合わせていくことにつれ、夫ジフン(キム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画『勝利号(スペース・スウィーパーズ)』観ました

 Netflixを通じて2月に世界190ヶ国で同時に公開された映画『勝利号(スペース・スウィーパーズ)』を観ました。  この映画は、2092年、宇宙のゴミを掃除する宇宙船「勝利号」の船員たちが、大量殺傷武器として知られた人間型ロボットを発見した後、危険な取り引きに飛び込むストーリーを描いた映画です。ちなみにNetflixの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画『ミナリ』観てきました

 これまで多くの国際映画祭で賞を受賞し、来月開催されるアカデミー賞でも6部門にノミネートされて日本でも話題になっています『ミナリ』が本日から日本でも公開されまして、今日早速観に行きました。  今日は3月末までに消化しなければならない休暇を取りまして、朝イチ映画で観ました{%映画館(movie)hdeco…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画『チャンシルさんには福が多いね』観ました

 今月から来月にかけて、ウリ地方は韓国映画祭りかと思うくらい、韓国の映画が立て続けに公開されるので、韓国や東京に行けなくても、韓国映画を映画館で観ることができるのでございます  先日も『野球少女』を観に行ったばかりですが、今日は『チャンシルさんには福が多いね』を観に行ってきまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画『野球少女』観ました

 今日からTOHOシネマズ系で公開された映画『野球少女』を観てきました。  韓国では朝イチ映画ですが、久々レイトショーだったのですが、韓国の平日朝イチ映画並みに人が少なかったです女子大生っぽい二人と、30代過ぎ男性一人と私の四人で、ソーシャルディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画『ミナリ』ゴールデングローブ賞外国語映画賞受賞

 『寄生虫(パラサイト)』に続いてアカデミー賞受賞なるかと韓国で大きな話題となっている映画『ミナリ』が、現地時間2月28日に開催されたアメリカで最高の権威を誇るゴールデングローブ賞の外国語映画賞を受賞したそうです  『ミナリ』はユン・ヨジョンさんの眩しい演技と共に、来たる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021年 上半期 オンライン韓国映画企画上映会

新型コロナ感染症拡大に伴う緊急時代宣言が首都圏を除いて解除されることになりましたが、まだまだこの先どうなるか分からず不安であるのは私だけではないかと思います。ということで、相変わらずステイホームが中心の生活をされている方が多いかと思いますが、ステイホームにピッタリの「オンライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年韓国映画決算は・・・

 新型コロナ感染症の影響で、昨年は経済面では大打撃を受けた分野が多かったことは皆さんすでに周知のところです。 特に文化面での影響は非常に深刻でして、先日韓国の映画振興委員会が「2020年韓国映画産業決算」を発表したそうで。その結果をご紹介したいと思います  世界的にも同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で韓国映画関連の本を・・・

 また暫しおサボりモードですが、決して多忙なわけではなく、韓国ドラマも観たいものがたくさんですが、それを差し置いて韓国映画に関連した本を図書館から借りて来たので・・・。  最近日本で公開された韓国映画2本に関連したものでして、一つはチョン・ドヨン&チョン・ウソン主演の『藁にもすがる獣たち』。これは日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『誕生日(日本タイトル:君の誕生日)』観てきました

 韓国で公開したのは2019年ですが、ちょうど公開時期に訪韓していなくて観られなかった『誕生日』がウリ地元映画館で上映されているので観に行ってきました。  この映画は2014年4月16日に起きたセウォル号沈没事故を取り上げた作品です。 私は映画を観る前に先入観を持たないようにあらすじなど見ない派なので、勝手にこの作品セウォル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第41回青龍映画賞 受賞結果は・・・

 昨日『第41回青龍映画賞』が開催され、各賞の受賞者が発表されました 早速結果からお伝えしたいと思います 【第41回青龍映画賞 受賞者リスト】 最優秀作品賞:「KCIA 南山の部長たち」 主演女優賞:ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第41回青龍映画賞」2月9日開催へ

 新型コロナ感染症の影響で12月に開催予定であった第41回青龍映画賞が2月9日に開催されることになったそうです  候補作品・候補者をご紹介したいと思います 最優秀作品賞候補作 『姉弟の夏の夜』 『KCIA 南山の部長たち』 『音もなく』 『ユニへ』 『82…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『新年前夜』韓国で2/10公開確定&カップルポスター公開

 昨年末に韓国で公開を予定していましたが、新型コロナ感染拡大のための年末年始の「社会的距離の確保」段階引き上げにより、公開を延期していた映画『新年前夜』ですが、予想通り韓国の旧正月に合わせて2月10日に公開を確定させたという話題とともに、カップルポスターが公開されました  この映画は、人生のオフシーズンを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『共助2』キャスト確定

 南北最初の非公式の共助捜査という新鮮な設定とヒョンビン、ユ・へジンの愉快なケミでヒット旋風を巻き起こした映画『共助』が続編『共助2:インターナショナル』として帰ってきますが、そのキャストが、ヒョンビン、ユ・へジン、ユナ、ダニエルへニー、チン・ソンギュに確定して本格的な撮影の準備に入るという話題が入ってきました{%わくわく(チカチカ)h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021年韓国公開予定映画ラインナップ

 昨年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で大苦戦を強いられた韓国映画ですが、今年公開予定の大作が続々と控えております。これについて記事を翻訳してご紹介したいと思います。 ***************以下、記事翻訳************  新型コロナウイルス感染症(コロナ19)パンデミックで苦しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「男性主人公飢饉」解決する除隊3人衆

 何だかスゴイタイトルですが・・・。30代前後のドラマ主役級の俳優さんたちが続々入隊してしまい、「男性俳優飢饉」状態であると叫ばれていた時期もありますが、この度、それを解決すべく、3人衆が除隊してきました  3人衆は誰でしょう・・・ パク・ヒョンシク、ト・ギョン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画『半島(邦題:新感染半島 ファイナル・ステージ)』観てきました

 本日、元日に日本公開された韓国映画『半島(邦題:新感染半島 ファイナル・ステージ)』を観てきました。  3時半過ぎの3回目の映画を観に行ったのですが、観客は十分なソーシャルディスタンスが確保できるくらいで、10人くらいでしたただ、その中に小学生高学年くらいの男の子6人の集団がいました{%ビックリ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年韓国芸能界Hotキーワード

 今年もあと残りわずかですね・・・皆さん、いかがお過ごしでしょうか? 今年の最後の話題は2020年韓国芸能界を象徴するキーワードをもとに振り返る記事を翻訳してご紹介したいと思います *********************以下、記事翻訳**********…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年韓国映画総決算

 今年もあと大晦日を残すだけとなりました・・・ 皆さんいかがお過ごしでしょうかといっても、コロナの影響でステイホームで大人しく年越しを迎える準備をされている方がほとんどかと思いますが・・・  私も例年なら韓国での年末年始です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画成績表は凄惨・・・Netflixがもたらした生態系変化【2020映画は今】

 年末ということで、2020年の締めくくり企画を勝手にやっておりますが、先日ドラマを取り上げましたので、本日は映画です。お付き合いくださいませ **************以下、記事翻訳****************  2020年劇場街の成績表は凄惨だ。損益分岐点を越えた今年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年は劇場で出会えるだろうか・・・2021年韓国映画

 今年の韓国映画はコロナのせいで、非常に厳しい状況で、次々に映画の公開が延期となっておりますが、それについて触れた記事を発見しましたので、ご紹介します **************以下、記事翻訳****************  2020年を強打した新型コロナウイルス感染症(コロナ19)事態で多くの映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『韓半島(日本タイトル:新感染半島ファイナルステージ)』1月1日日本公開

 タイトルが変わりすぎててスルーしてました。カン・ドンウォン主演の映画で『釜山行き(日本タイトル:新感染)』の続編の『韓半島』が日本ではお正月に『新感染半島 ファイナル・ステージ』というタイトルで公開されます。  この映画は『釜山行き』続編ということで、パンデミックが半島を襲ってから4年後を描いていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビョンホン氏の映画が続々と日本公開

 私の原点であるイ・ビョンホン氏の映画が続々と日本公開が決定です。  まずは実話を基に描いている『南山の部長たち』が日本では『KCIA南山の部長たち』というタイトルで来年1月22日に公開決定です  この作品は軍事クーデターで政権を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画『新年前夜』16か国先行販売決定&韓国公開延期へ

 昨日、映画『新年前夜』が日本、アメリカ、香港、オーストラリアなど16か国に先行販売されることが決定したという話題に勝手に狂喜乱舞しておりました  日本の配給会社Klockworxの関係者は「ユ・ヨンソクからイム・へリョンまで多彩なキャスティングアンサンブルを期待することができる作品だ。『新年前夜』が暖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キム・ギドク監督逝去

驚きのニュースが入ってきましたしかも新型コロナ感染の合併症によりラトビアで死亡というものです。  キム・ギドク監督はカンヌやベネチア、ベルリンなど有名な国際映画祭で多数の賞を受賞してきた世界的にも有名な韓国映画監督でしたが、2018年に女性に対する性暴力問題で韓国での活動が難しくなり、海外で活動を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Netflixで映画『コール』観ました

 27日にNetflixで公開された映画『コール』を観ました。  この映画は、異なる時間帯に暮らす2人の女性が、電話1本でお互いの運命を入れ替えることから始まる狂気じみた執着を描くミステリースリラーで、過去と繋がっている電話によって運命が入れ替わったという斬新な設定と、ドラマのオム・キジュンクラスの悪役女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ感染拡大で12月韓国映画非常事態へ・・・

 日本でも新型コロナウイルス第3波としか言いようのない連日の感染者数の増加の報道に、毎日気が滅入る日々ですが・・・、韓国でも本日新規感染者が629人と2月末から3月にかけての第1波以来の感染者数を記録したそうです  このため、ソウル市内では緊急措置が取られることになり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more