高くなるチケット、それでも「1千万人映画」誕生した理由

先ほども物価上昇の記事を取り上げましたが、それでも1千万人観客を動員する映画が生まれたことは確かに不思議だと思ったので、タイトルの記事を翻訳してご紹介したいと思います  ロッテシネマ・MEGABOX、CGV続けて価格上昇   『チケット価格高いが没入度良い」  映画館チケット上昇が続いて…
コメント:0

続きを読むread more

1食1万ウォン時代

 早くも7月に入りましたが、また7月に入ったとたん、物価値上げが相次いでいるのに、給料は上がらないという・・・コロナもまた感染者数増加の傾向を見せているようで、日本には何かよい話はないのか・・・と思ってしまうのは私だけでしょうか・・・  物価上…
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画『モガディシュ~脱出までの14日間~』観ました

 本日から日本公開された韓国映画『モガディシュ~脱出までの14日間~』を観てきました。  この作品は、韓国民主化から3年、ソウル五輪からわずか2年後に起こったソマリア内戦に巻き込まれた韓国と北朝鮮の大使館員たちの生死をかけた脱出という知られざる実話を基に描かれた作品で、韓国のハン大使役にキム・ユンソク、参事官で国家情報院の…
コメント:0

続きを読むread more

劇場巡り政府と公演界が対立・・・ 

 韓国ミュージカル&演劇ファンの一人として気になった記事がありましたので、翻訳してご紹介したいと思います  ソゲ洞「複合文化空間」造成難航・・・公演界葛藤増幅  公演界、反発・・・「国立劇団中心の国立公共劇場建立」主張  舞踊・ミュージカル界「専用劇場配慮」・・・「開かれた心必要」 …
コメント:0

続きを読むread more

ヒョンビン&ソン・イェジン夫婦 第1子妊娠発表

 速報で流れてきましたが、ヒョンビン・ソン・イェジン夫婦にこのほど第1子が授かったと今日ソン・イェジンさんがファンサイトにメッセージを上げて公表したそうです  5月に妊娠説が流れたのですが、これを事務所は否定しておりました。今回の発表に際し、事務所側は5月の妊娠説否定は本当にそうであって、本人が妊娠を…
コメント:2

続きを読むread more

ミュージカルキャスティング騒動が・・・

 先週韓国で大騒動に発展したのが、ミュージカル『エリザベート』のヒロインキャスティングを巡って、キム・ホヨンさんが、オク・ジュヒョンさんと暗示されるような批判をSNSに挙げ、これを名誉棄損としてオク・ジュヒョンさんが訴えるという事態に至り、これに懸念を抱いた韓国ミュージカルの重鎮を中心にこの状況を憂慮するメッセージを挙げるなどし、最終的…
コメント:0

続きを読むread more

OTTサービス対象の韓国初授賞式開催へ

 最近は地上波ドラマよりもNetflixオリジナルドラマをはじめとしたOTTサービスのドラマや映画が話題になったりしていますが、今年の夏、ついにそのOTTサービスを対象とした韓国初の授賞式が開催されるそうです ズバリその名も「青龍シリーズアワーズ(Blue Drag…
コメント:0

続きを読むread more

37年伝統の平壌冷麺「乙支麺屋」閉店

 本日、乙支路三街で37年間営業してきた平壌冷麺の「乙支麺屋(ウルジ ミョンオク)」が閉店を迎えたそうで、最後の冷麺を味わいに何と100人余りの行列ができたそうです  乙支路三街の再開発の影響を受けての閉店のようですが、私も過去1度訪問したことがあります。今…
コメント:0

続きを読むread more

本日は6.25(朝鮮戦争)72周年の日

72年前の本日6月25日は、韓国では6・25(ユギオ)と呼ばれる朝鮮戦争が勃発した日です。 各地で追悼式が開催されたようdすが、大統領となって初めてこの日を迎えたユン大統領も本日国軍とUN軍の行事に出席したそうです。 そのことについての記事を翻訳してご紹介したいと思います ************…
コメント:0

続きを読むread more

本日公開の『ベイビーブローカー』(原題『ブローカー』)観ました

 本日から公開の是枝裕和監督の初韓国映画『ベイビーブローカー』を観てきました。  この映画はカンヌ国際映画祭でソン・ガンホ氏が韓国男性俳優初のカンヌ主演男優賞を受賞したことでも大きな話題となりました。  ストーリーは「赤ちゃんポスト」をきっかけに出会った、赤ん坊の母親のソヨン(IU=イ・ジウン…
コメント:0

続きを読むread more

韓国産ロケット「ノリ号」発射成功

 本日韓国産のロケット「ノリ号」が発射に成功したそうで、韓国では夕方のニュースで中心的に報道されておりました。 発射を支えた基地にも関心が集まっているそうで、それについての記事を翻訳してご紹介したいと思います *********************以下、記事翻訳*********** 交信成…
コメント:0

続きを読むread more

『まだ慣れない30歳』観終えました

 BSフジで放送されていたドラマ『まだ慣れない30歳』を観終えました。    このドラマは適当に巧妙で、適当に賢くなったけれど、相変わらず揺れてさまよう30歳の3人の女性の仕事と愛を描いたドラマです。 Web漫画家のジウォン(チョン・インソン)は30歳。思い描いていたような大人にはなれないものの、周りは20代の編集者が増え、自…
コメント:2

続きを読むread more

エンデミック時代「ライダー」人気どんどん落ちる

 韓国の記事を見ると、日本の記事にはあまり見受けられない「エンデミック」という文字が目立つようになっているのですが、その文字に引かれて見つけた記事が興味深かったので、翻訳してご紹介したいと思います 【データで見る世の中】 (上グラフのタイトル)デリバリー減少余波?2021年対比 急減した2022年二輪…
コメント:0

続きを読むread more

K‐クラシック 世界を制覇する

 アメリカで開催されていた世界五大ピアノコンクールの1つに掲げられるバン・クライバーン国際ピアノコンクールで18歳韓国人のイム・ユンチャンさんが優勝されたそうです  18歳という年齢は史上最年少であり、さらに前回2007年も韓国人のソヌ・イェグォンさんが優勝しており、2大会連続で韓国人が優勝するという記…
コメント:0

続きを読むread more

Netflixオリジナルドラマ『未成年裁判』観終えました

 先日観始めたと紹介したばかりなのですが、勢いよく観終えてしまいました  このドラマは少年犯を嫌悪する判事シム・ウンソク(キム・ヘス)が、ある地方裁判所少年部に新たに赴任することになり、そこで直面する少年犯罪と彼らをめぐる人々の物語を描いた作品です。  少年犯罪と少年犯をめぐる様々なストーリーをバラ…
コメント:0

続きを読むread more

夏公開を控える韓国映画ビック4

 来週は日本でもいよいよ『ブローカー(日本タイトル:ベイビーブローカー)』が公開されますが、韓国では久々に『犯罪都市2』が1千万観客を動員し、コロナ禍で意気消沈していた韓国映画界に新しい力となっています。そんなところに、この夏は韓国で続々大作の公開が控えておりまして、それに関する記事を翻訳してご紹介したいと思います{%一言・ペコhdec…
コメント:0

続きを読むread more

チョ・スンウ離婚専門弁護士に変身

 チョ・スンウ氏が次回作で離婚専門弁護士に変身するとの話題が入ってきましたので、その記事を翻訳してご紹介したいと思います。 ***************以下、記事翻訳*******************  俳優チョ・スンウがJTBC新ドラマ『神聖な離婚』で新しい人生キャラクターを更新する。    チョ・スンウは来年上半期…
コメント:0

続きを読むread more

金浦ー羽田線再開遅延

 本来であれば、今頃、日本で日韓外務大臣会談が開催されている見込みでしたが、日本側が参議院選挙を考慮して、選挙後の7月にずれ込んだそうです・・・当然期待していた日韓関係に関すること、特に観光ビザについては、この夏はもうビザなしでは韓国には行けないことが選挙の前に当確ですし、今週末に再開予定だ…
コメント:0

続きを読むread more

Netflixオリジナルドラマ『未成年裁判』観始めました

『私たちのブルース』を観終えたので、次にNetflixで何を観ようかと思ったのですが、ジャンルが違うものをと思い、『未成年裁判』を選択しました。  韓国のタイトルは『少年審判』で、日本も未成年の場合は家庭裁判所の審判なので「少年審判」のほうがなじみがあるように思うのですが、、少年だと男子を連想するということがあるからでし…
コメント:0

続きを読むread more

BTSグループ活動休止の波紋

 昨日全世界の大きな話題となったのが間違いなく防弾少年団ことBTSのグループ活動休止宣言でしょう。  NHKの7時のニュースでも取り上げておりまして、NHKでは所属事務所の株価が25%も下落したことを報道しておりました。  YouTubeでの彼らのコメントの映像もワイドショーで流れて…
コメント:0

続きを読むread more