韓国で電子渡航認証システム(ETA)6月から導入へ

 電子渡航認証システムと言えばアメリカが浮かぶのですが、韓国も出入国管理法改正案が2020年の1月に国会を通過し、今年の6月からビザが免除されている国籍の渡航者に対して、電子渡航認証の取得が義務化されます。
big_310289.jpg

 電子渡航認証システムは韓国語では전자여행허가제(チョンジャ ヨヘン ホカジェ=電子旅行許可制)です。

 どうなるのかと言いますと、これまでは日本なビザ免除対象国でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、韓国への入国が大きく制限されている現在、ビザ免除措置も停止されていまして、日本国籍者は、韓国入国の際にはビザが必要になってしまっている状態です
 なので、今はコロナが収束してビザなし入国が以前のように復活しなければ、電子渡航認証は使えないわけですので意味がないのですが・・・

 電子渡航認証システムとな何かといいますと、勧告入国前に電子専用サイトで、基本情報、旅券情報、居住地情報、雇用情報、旅行情報など6つの主要項目から、37の詳細な情報を入力して申請します。これは渡航前72時間まで迄にしなければならず、この認証がなければ搭乗券を発見することができないのだそうです手続きの手数料は10,000ウォンで、空港税などと同様、エアチケット代に上乗せされて請求されるそうです。

 この認証を受けた場合は、入国時に入国申告書の作成と提出は不要になり、一度取得すると2年間有効だそうで、有効期間中であれば、韓国に行く度に認証を取得する必要はないのだそうです認証されるとメールが来るのみで、パスポートで認証が確認できるので、他に書類は発行されたりしないそうです。

 これまで入国審査で時間を要していたのが、短縮されることになるのでしょうかねぇ~
6月からということですが、いつ実体験できるようになるのか・・・
 その前にエアチケットの予約とか、空港の利用方法とか、空港のルートとか、すっかり忘れていそうで不安です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

りんご
2021年02月23日 10:59
いつも楽しく拝見しています。
このシステム何をどつしたらいいのかさっぱりわかりません。
航空券に上乗せならチケット予約したサイトから申請できるのか?
詳しくはこれからなんだろうけど…
先ずはビザなし渡航復活しないと始まりませんね…
また詳しく教えて下さいね。
ゆりっぺ
2021年03月05日 20:25
 りんごさん、コメントありがとうございます。
仰るとおりでございます・・・。今日政府の専門分科会長さんが、年末まで続くってまた絶望感を与えてくれる後ろ向きな発言かあり・・・(TдT)
 いつになったら行けるのやら・・・。