映画『色男ホ・セク(韓国タイトル:妓房坊ちゃん)』観てきました

 日本タイトルが韓国の原題と変わりすぎていて、こんなタイトルの映画あったっけと思ってしまった映画『色男ホ・セグ
(韓国タイトル:기방도령=妓房の坊ちゃん)』が地元の映画館で上映中だったので、観に行ってきました。
20-07-24-20-43-09-764_deco.jpg
 さすが2PMのジュノ主演。ポストカードが付いてきました

 この映画は、美しい容姿、優れた技芸、女性を酔わす話術を兼ね備えたホ・セク(ジュノ)は、生まれ育った妓房の経営危機を救うため、女性客向けの“朝鮮初の男妓生(キーセン)”になることを決意。順調に客足が伸びていたがある日、セクは町で美しい女性へウォン(チョン・ソミン)と出逢う。これまでどんな美女にも心トキメくことのなかった彼が、自分の魅力に全くなびかないヘウォンに急速に惹かれてしまい、猛アタックを仕掛けるが・・・というお話です。

 この映画上映しているときに韓国に行っていたのですが、すでに上映館が少なくなっていて、他に観たい映画があったので、この映画韓国で観れませんでした。

 男妓生というと、韓国の人気ミュージカル『風月主』を思い出してしまいまして、デヒョン君が主人公を演じたことがあるのですが、その時にデヒョン君のカッコよさは過去の出演作品の中で私の中ではNo1でして、歌がずっと頭の中を流れてしまって映画に集中できませんでした・・・

 映画の内容ですが、もっとコメディで面白いのかと思っていたのですが・・・ジュノの魅力は存分に楽しめる作品かとは思いますが、勝手に期待しすぎてしまったようでして・・・
 ジュノのライバル役でゴンミョンが出ているので、ゴンミョンが出ると『エクストリームジョブ(原題:極限職業)』の天然ゴンミョンが脳裏をよぎり、それで笑いそうになってしまう自分がおりました

 こういう時代だから、もっと心底笑える作品を期待していたようです・・・。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい かわいい

この記事へのコメント