江南ビルディング崩壊危機・・・

 このニュースを観たときに、正直「またか」と思ってしまい、思わず取り上げるのを忘れてしまいました

 江南にある築27年のビルが崩壊危機にあるにも関わらず、使用され続けていたそうでして・・・。2階のインテリア工事の途中で亀裂を発見し、崩壊危険のために13日0時から出入りが禁止されたそうです。ちなみにこのビルの2階にある中央の原形柱は約20%が豆腐カスのようにつぶれて、誰か見ても工事欠陥が疑われるほどだそうです
 このように中央の柱の鉄骨が剥き出しになっていて残っているコンクリート部分にもヒビが見受けられます
画像

 
 ちなみに緊急安全診断で最下等級であるE等級(不良)と推定されたそうでして、あやうく三豊(サムプン)百貨店崩壊事故の二の舞になりかねない大惨事が起きるところだったという・・・
 ちなみに、当然退去命令を受けたそうですが、まだ一部の会社は営業を続けているそうですこんな感じでヒビ入っているんですけど・・・
画像


 しかしこのビル、今年の3月、江南区庁がこのビルにB等級(良好)を与えたとのことで、一体どうやって安全点検がされていたのか・・・

 しかし法的な欠陥もあるようで、このビルのように15階建て以下の小規模施設は法的安全管理の対象から外されているのだそうです。日本のように地震国ではないからなのでしょうかねぇ・・・。
 さらにこのビル、持分が分割されてしまっていて、建物主だけで110人以上で、安全管理の責任が分散していいるのだそうです・・・。ソウル市内を歩いていると、実は「この建物大丈夫かしら?」と思ってしまうような建物も結構あるのも事実でして{%困るwebry%、それを裏付けるように、}ソウルにだけ30年を超えた老朽化したビルが25万3705棟で、全体(63万9412棟)の39.7%にもなるとのだそうです。

 韓国の安全管理に関する事故って、セウォル号事件に見受けられるように、どちらかというと人災が多いような気がするのは私だけでしょうか・・・
 安全管理に対することは自分では防ぎようのないことなので、安心なソウル旅行ができるようにしていただきたいものです・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック