日韓外交局長級会議は平行線

 日本は大阪・兵庫・宮城に対する「まん延防止等重点措置」の適用の話題がトップで、あまり大きく取り上げられていませんが、今日、日本と韓国の外交当局が東京で局長級会議を非公開で開催していたそうです。

 対面では5か月振りとなりましたが、韓国の裁判所が日本側に従軍慰安婦と強制徴用被害者への賠償を命じた判決など両国間の懸案事項について議論し、関係の改善について模索したそうですが、どうやら平行線に終わった模様です・・・

 慰安婦と徴用訴訟に関して、日本政府は韓国側に、受け入れ可能な解決策の提示を求めていますが、韓国側からの提示はなかった模様だそうです。韓国側としては、文大統領の支持率が低下の一途をたどっている中、あえてより支持率が下がるようなことはしないでしょう・・・韓国側は両国政府間の対話を通じて解決策を模索すべきという従来からの立場を繰り返したそうです。

 今回の結果を受けて、今月末にアメリカで行われる予定の日米韓国3か国の外相会談についても、日本の一部のメディアはこれに合わせて日韓外相会談が行われるかは不透明だとの見解を伝えたようです。

 韓国国内では最近のテレビドラマの一連の騒動で話題になっていますが、中国に対するバッシングが連日何かしら取り上げられているようです・・・なので、韓国でこの話題がどれだけ関心を持って見られているかは謎です・・・

 コロナ禍の中で自由に往来ができないからこそ、何か前進できるものがあってほしいのですが・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント