大韓航空とアシアナ航空が2024年合併へ

 韓国に行けなくなってから1年を過ぎて、何だか本当に遠い昔のことのように感じてしまうだけではなく、あんなに足しげく通っていたのは夢だったのではだったのではないかと思ってしまうほどです

 以前は韓国に行くときにどの航空会社を利用するか、スマホでチケット価格を調べるのに忙しい日々でしたが、航空会社のサイトやアプリなどにアクセスすることがほとんどなくなってしまいました・・・

 さて、以前お伝えしたアシアナ航空の売却問題、当初名乗りを上げた会社が結局断念して、頓挫してしまったように思っていましたが、本日関連記事を発見しましたので、翻訳してご紹介したいと思います

****************以下、記事翻訳*************************

 大韓航空がアシアナ航空と「統合航空会社」を2024年に出帆する法案を推進している。コロナ19の余波など対内外条件を考慮し、アシアナ空港の買収を来年までに終えた後、2年間自社として運営して2024年に2つの会社を統合するというものだ。

 28日国会政務委員会所属パク・ヨンジン共に民主党議員室によると、大韓航空は最近このような内容が含まれたアシアナ航空「買収後統合戦略(PMI)」を産業銀行に提出した。去年大韓航空がアシアナ航空持分買収を発表する当時、統合航空会社出帆まで約3年がかかるものという予想が多かったが、詳細統合日程が外部に知らされたことは今回が初めてだ。
 
 大韓航空は各国の経済当局に進行している企業結合審査日程などを勘案して、アシアナ航空持分(63.9%)買収て続ぎを来年までに終える計画だ。先立って大韓航空は買収のため、韓国とアメリカ、ヨーロッパ連合(EU)、中国、日本、トルコなど9か国に企業結合審査を申請した去る2月トルコ経済当局がまず最初に企業結合を承認して、残りは審査中だ。

 大韓航空は、来年に買収手続きを終えて2つの会社のマイレージ価値分析と転換率決定など検討するものと見られる。また運航、客室乗務員人員運営と機内食、機内販売運営体系など重複業務調整も進行する。ある業界関係者は「統合手続き準備のためにも一定期間(アシアナ航空を)自社に編入し、運営する期間が必要だ」と伝えた。

 「買収後2年間自社編入」決定は、公正取引法上持ち株会社の行為制限規定違反問題を解決するための部分もある。大韓航空がアシアナ航空を買収すれば、「韓進KAL(持ち株会社)→大韓航空(自社)→アシアナ航空(孫会社)」の支配構成が形成される。アシアナ航空は、再びエアプサン、エアソウル、アシアナセイバー、アシアナエアフォト、アシアナIDTを自社(ひ孫会社)に置いている。

 公正取引法上、持ち株会社支配構成にひ孫会社を置くならば、孫会社がひ孫会社の持分100%を保有したり、2年間以内に持分を売却しなければならない。ここに該当する孫会社はエアプサン(44.2%)、アシアナIDT(76.2%)、アシアナセイバー(80%)だ。自社編入以後2年以内に大韓航空とアシアナ航空が合併すれば、このような問題は解消される。ひ孫会社は孫会社になるためだ。

 ただ、玄孫会社であるクムホT&I、クムホリゾートは売却対象から抜け出せない。大韓航空は2つの会社を売ることに決定したものと知られた。

アシアナ大韓.jpg

 ということで、個人的にはマイレージの影響が気になるところです。しかし大韓一社独占になると、また韓進グループの勢力がはびこることになり、財閥一家はピーナツリターンのような横暴行為に出るということが起こりうるのではないかと思うのは私だけでしょうか・・・
 消費者にプラス面が多ければよいのですが、価格面では競争相手がいなくなるわけで・・・
統合されている頃は以前のように足しげく通える状況になっていることを願いたいです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント