韓国文化芸術著作権、史上初の黒字

 ここ数年のBTSを中心とした世界中でのK-POPとコロナ禍におけるNetFlixでの韓国ドラマの世界的ブームにより、韓国文化芸術に関する関心がますます高まっているところですが、それを示す記事を発見しましたので、翻訳してご紹介したいと思います

BTS.jpg
 
 2020年上半期、韓国著作権貿易数値が関連統計を集計し始めた2010年以来、10億4千万ドル(約1兆2千億ウォン)に達する半期最大規模黒字を達成した。文化芸術著作権貿易数値もやはり関連統計を集計し始めた2010年以来史上初半期別貿易数値黒字を達成した。

 これと関連し、文化体育観光部パク・ヤンウ長官は「コロナ19による貿易数値悪化憂慮の中でも、韓流コンテンツで代表される韓国の文化芸術分野の競争力が全世界的に認められたと見ることが出来るという点で、今回の文化芸術著作権黒字達成は、大きな意味がある」と20日明らか
 
 去る18日韓国銀行が発表した「2020年上半期中、知的財産権貿易数値( )によると、2020年度上半期韓国著作権貿易数値は1億6千万どるが増加した10億4千万ドルの黒字を記録した。全体知的財産権貿易数値が総計7億5千万ドルの赤字を記録し、産業財産権貿易数値もやはり前期対比赤字幅が深化されたが、著作権貿易数値がただ1つだけ黒字を記録し、黒字幅も拡大したものだ。

 文化体育観光部は韓国銀行が発表した2010年から2020年までの知的財産権貿易数値資料を分析した結果、韓国半期別著作権貿易数値が去る2013年第2四半期に初めて黒字に突入して以降、絶えず増加しており、その中でも2020年上半期には著作権分野半期総輸出額が50億ドルを突破したことに力を得て、歴代最大黒字を記録したと明らかにした。
 
 「著作権貿易数値」は「文化芸術著作権」と「研究開発とソフトウェア著作権」との輸出入統計を基盤に、韓国銀行が半期別に集計を発表する。「文化芸術著作権」には音楽、映画、アニメ、ミュージカル、ドラマなどの放映、コピー、配布などに対する権利が含まれており、「研究開発とソフトウェア著作権」は韓国が海外に輸出するゲーム、データベース、研究著作物などに認められた著作権を包括する。

 今回の統計で最も注目に値する部分の中の一つは、まさしく韓国の文化芸術著作権が史上初で貿易数値黒字を達成したことで、これは2010年統計編成以降、半期基準最初に記録された黒字だ。過去2016年第2四半期に一時的に黒字を達成した例があるが、半期別で絶えず数値が改善されながら黒字を達成したのは今回初めてだ。


パラサイト.jpg

 特に文化芸術著作権中、音楽・映像著作権の目覚ましい成長勢いが見受けられる。これはBTSに代表される韓国大衆音楽(K-POP)、映画『寄生虫(日本タイトル:パラサイト)』の世界的ヒットなど全世界を相手にした競争力のある韓流コンテンツの輸出と海外での韓流コンテンツ著作権保護など多角度の努力の結果が反映されたものと分析される。
 
 ゲームとデーターベース、研究著作物などに対する安定した著作権を包括する「研究開発とソフトウェア著作権」の貿易数値はやはり2011年に最初に1億2千万ドル(約1460億ウォン)黒字を記録して以来、続けて黒字規模を育てて来て、2020年上半期統計によると「研究開発とソフトウェア著作権」の中でも特にデータベース分野の選定が際立った。

 パク・ヤンウ長官は「政府はこれからも文化が経済になる著作権強国を作っていくため、健全な著作権生態系を作って韓流コンテンツ著作権を保護するのに多様な努力を傾けていく」と明らかにした。

*******************以上、翻訳終わり******************

 いやぁ~ホント、圧倒されてしまいますねぇ~
今後ミュージカル分野の比重も多くなるのではないかと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント