2019年韓国ラーメン販売量ランキング

 明日新型コロナの緊急事態宣言が大都市エリアを中心に出される見込みで、本当に事態は快方に向かうのか不安で仕方がない日々ですが、何を差し置いても健康第一で過ごすことが大事なので・・・。

 ということで、外出自粛モードなのは日本も韓国も同様ですが、韓国では映画『寄生虫(パラサイト)』と新型コロナの自粛モードの影響で、インスタントラーメン業界の売上成績が上昇しているそうです

 そして、2019年のラーメン販売量ランキングが発表されたようで、これによると、
1位:辛ラーメン(2,487.8億ウォン)、2位:真ラーメン(1,470.9億ウォン)、3位:チャパゲッティ(1,388.4億ウォン)、
4位:ユッケジャン(693.3億ウォン)、5位:ノグリ(638.4億ウォン)、6位:安城湯麺(680.7億ウォン)、
7位:プルダクポックン麺(664.6億ウォン)、8位:ビビン麺(646.6億ウォン)9位:三養ラーメン(544.5億ウォン)、10位:ワントゥッコン(461.2億ウォン)
IMG_20200403_184416.jpg

 ということですが、皆さんのお気に入りのラーメンはランクされているでしょうか
ちなみに私の好きな「チャムケラーメン(ゴマラーメン)」は11位でした。
 
 今年のランキングは恐らく映画『寄生虫(パラサイト)』の影響でチャパゲティーとノグリのランクがもっと上がるのでは

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント