「麻薬トッポギ」「麻薬キンパ」が消える?

 韓国の食べ物のネーミングによく『마약(マヤク)=麻薬』という文字が使われていまして、その代表的なものに『麻薬キンパ』『麻薬トッポギ』などがあります。食べたことがある方もいらっしゃるのではないかと思います
私は最初聞いたときに怪しい食べ物なのでは・・・と疑ったりしましたが、「やめられない止まらないほど美味しい」という某かっぱえびせんのキャッチコピーのような意味からきているのだそうで、それを知った時にはなるほど~と感心したりしたのですが・・・。しかしソウル市内からメニューから『麻薬』という文字が付いた食べ物が消えることになりそうです

麻薬.jpg

 というのも、11日にソウル市で『国語使用条例』の一部改正条例が公布されたことにより、広告物などに正しくない表現がある場合は正しくするようソウル市長が営業者に対して勧告することができるなどの条項が新設されたからです。

 ソウル市側は「メニューなどに麻薬キンパや麻薬トッポギなどの用語が無分別に使用されていて、青少年などの教育と精神衛生上に有益でないことによりこれらを緩和できる根拠規制を準備し、青少年の健全な成長と正しい国語、ハングル使用文化の醸成などに寄与するもの」と条例改正理由を明らかにしたそうです

 日本では確かに麻薬○○という食べ物はないですが・・・。広蔵市場には多くの「麻薬キンパ」のお店があるのですが、今後は何になるのでしょうか・・・
 しかし自治体レベルで国語使用条例なるものがあること自体に驚いたのですが、日本でこんな条例作ったらバッシングされること間違いないだろうなぁ・・・と思ったりしました。方言保護条例とかもあるのかなぁ~なんてことも考えてしまいました。条例って規制ものであるので、本来は当たり前にできているはずのことが、できないから規制されるわけで、内容によっては、できてないことを公に宣言する恥ずべきものもあるのでは・・・と思ったりするのですが・・・。

 ある程度食文化として根付いている食べ物だったような感じもするので、今更規制するのはどうかと思ったりもしましたが・・・。
青少年はそんなに分別ないんでしょうかねぇ・・・
 
 そんなことより、もっと根本的な教育について見直すべきものがあるのではないかと・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント