韓国で映画『天文-空に問う-』観ました

 3日目の朝イチ映画🎬は『天文-空に問う-』を観ました。
20191229_112027.jpg
 この作品は朝鮮の空と時間を作ろうとしていた世宗(セジョン、ハン・ソッキュ)とチャン・ヨンシル(チェ・ミンシク)の隠された話を描いた作品です。公開から最初の週末までの累積観客数が70万2298人を突破したそうです
 朝鮮王朝の歴史にすっかりハマっているのでかなりストレートど真ん中の作品でした。

 何より主演のハン・ソッキュ&チェ・ミンシクの演技が圧巻で、『演技の神』という言葉はまさにお二人のためにある言葉ですわ~✨
ラストのシーンはもう鳥肌モノで、涙が
 
 世宗と言えばやはりハングルがまず浮かぶのですが、身分の低いヨンシルの才能を見抜き、周囲の家臣たちの大反対に遭いながらも、登用し、民衆のことを考えていた偉大な人物であることを再認識しました。そして中国の影響力の大きさも改めて感じました。
まぁ、今も昔も政治家は変わらないなぁ~😱と思ったりもしました。
結局低い身分出身のヨンシルは後ろ楯が世宗しかいない状況で、それを利用されてしまった感が否めませんが、この作品で描かれたようなヨンシルと世宗の関係は身分を越えた絆の深さを感じました。それだけにラストシーンは涙😭でした。

 驚きだったのが、世宗の世子役で大学路出身俳優のパク・ソンフン君が出演していたことです
本当に今年は大学路出身俳優さん、大活躍でしたわ~✨
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント