韓国でミュージカル『レベッカ』11/24公演観てきました

 今回の旅行のメインがこちら。ミュージカル『レベッカ』を観ることでした。
20191124_135643.jpg
 
 この日のキャスティングはマキシム:シン・ソンロク、ダンヴァース夫人:チャン・ウナ、I(わたし):ミン・ギョンア、ファベル:イ・チャンミンでした。
20191124_140050.jpg
 私、最初イ・チャンミンが2AMのチャンミンだと気が付かず、パンフを見て気が付きました・・・

 この作品はイギリスの作家の小説が原作です。アメリカ人のセレブホッパー夫人の付き人としてモンテカルロの高級ホテルにやってきた「わたし」がイギリス紳士のマキシムに出会い、愛妻レベッカを事故で亡くし失意の中にあったマキシムが、「わたし」の純粋無垢な姿に惹かれ、求婚し、2人は結婚して「わたし」が後妻となりますが、邸宅には屋敷を取り仕切るレベッカの使用人であったダンヴァース夫人がおり・・・。というお話です。

 この作品は実は韓国初演の時に観ているのですが、その時にこの作品は「女性」が主役で、女性キャストの出来によって作品の出来がかかっていると言っても過言ではないかと感じた作品です。その時シン・ヨンスクさんで観たのですが、圧倒された記憶があります。

 今回はチャン・ウナさんだったのですが、その歌唱力も素晴らしかったのですが、冷たい無表情の魔女のような夫人の怖さがもう醸し出されていました毒リンゴ持ってそうな雰囲気といいましょうか・・・。鬼気迫る怖さでした。
『砂時計』でヒロインを演じられていたのとは全くイメージが違いとても同一人物とは思えませんでした。
チャンウナ.jpg
 ミン・ギョンアさん、かなり期待されての大抜擢だったようですが、純真無垢な感じの「わたし」がよく合っていたのと、歌唱力もなかなかでした。小柄なので、ソンロク氏との身長差がよけいにかわいらしさを出していたように思います。

 そしてソンロク氏のマキシム。毎回そうなんですがあまり期待しないで行くのですが、シツコイようですが、カッコよすぎて驚き~これでもファン歴12年ですが、立ち姿も演技も歌も最高で私こんなカッコいい人のファンだったのね~と思いました。
 やっぱりドラマより舞台のソンロク氏の方がはるかにカッコいいんですよね~ソンロク氏ドラマで人気がUPでファンが増えているそうで、チケット入手困難になってきているようです・・・
rokマキシム.jpg

 恐らく相手役が変わるとまた印象が変わるので、違うキャストで観たいのですが、チケットがかなり高額で割引もなく・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント