韓国で演劇『Memory in Dream』11/23夜公演観てきました

 今回土曜日の夜に観たのが演劇『Memory in Dream』です。
20191123_183948.jpg
 
 この演劇を観に行った理由は旅行記で少し触れましたが、私の大好きな演劇『B CLASS』の制作会社の作品で俳優でもあるオ・イナさんの作・演出であったのと、出演が『B CLASS』のテクサンコンビでもあったイ・イリムさんとパク・ウンソクさんだったので、これは観に行きたいと思っていたところ、ちょうど土曜日の夜に出演されることを知り、観に行くことにしたのです

 キャストはアリス:ソ・イェファ、イドゥン:パク・ウンソク、アロン:コ・エリ、ユジン:イ・イリムというキャストでした。
ちなみにイドゥン役に先日BSでの放送が終了した『100日の朗君』に出演していたキム・ソノ君が出演していて、彼の出演回は完売のようですが。私は先週予約したのですが、最前列でした・・・でも当日はかなり席が埋まっていました。
20191123_184032.jpg
 

 どんなストーリーかといいますと・・・。シカゴ出身の美術館のキュレーターであるアリス、タクシー運転手兼バンドリーダーのイドゥン、雑誌社の社員であるアロン、イドゥンの友達であり、アロンに片思いのユジン。4人はお互い友達であり家族と思い、世界で最も忙しい都市、ニューヨークに住んでいる。大学を卒業してニューヨークにアリスは偶然美術館の前でイドゥンに出会うことになり、お互いに惹かれていた2人は愛し合い、結婚することに。
 ニューヨークの4人の若者は時間が経てばたつほどお互い近づいていき、お互い無くてはならない存在になり、それぞれの人生を応援しながら幸せな瞬間を分かち合い、疲れた人生を慰め合いながら共に耐え抜いていきます。
 アリスとイドゥンが結婚して3年が経った雨の降っているある日、2人の間に些細な喧嘩が始まり、現実の厳しさにぶつかって積もっていたストレスともどかしさがぶつかり、結局お互い傷つけあい、喧嘩の末、家を出たイドゥンが・・・・。

 あまり詳細を記してしまうと、ネタばれになってしまうので、この辺で辞めておきますが、大げさなことではなく、日常の「あるある」的なことがリアルに描かれていて、親しみを持って観られる演劇を書くのにイナさんはとっても長けているのではないかと思います
 だからこそ後半のシーン、泣けるのですが、その涙も号泣というより、自然に涙が溢れてくる感じだったのですよね~
本当に久々に泣きましたわ~。

 イリムさんとウンソクさんの仲の良さがひしひしと伝わってくる感じもありました
ウンソクさんのラストシーンは本当にもう涙が溢れるとしか言いようがない感動を頂きました。
 人との別れというのはいつ訪れるかわからないからこそ、後悔のないように日々感謝して、過ごさなければならないということを再認識させられました。

 本当に感動しましたわ~カーテンコールは撮影可能でしたが、スマホしかなく・・・
20191123_205143.jpg20191123_205147.jpg20191123_205159.jpg20191123_205204.jpg20191123_205223.jpg20191123_205226.jpg

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント