韓国で映画『ビースト』観てきました

 今回の旅行で唯一の映画鑑賞がこちら。イ・ソンミン&ユ・ジェミョンという渋い演技派の競演の作品です。
20190706_101058.jpg

 この作品の内容はどんなものかといいますと、希代の殺人鬼を捕まえる決定的な手掛かりを手に入れるため別の殺人を隠蔽した刑事ハンス(イ・ソンミン)と、これに気付いたライバル刑事ミンテ(ユ・ジェミョン)の追いつ追われつの犯罪スリラーです。ハンスの同僚刑事役でチェ・ダニエル、ハンスの情報屋としてチョン・へジンが出演しています。

 感想はといいますと・・・演技派俳優勢ぞろいなのに、内容が・・・スリラーものでよくあるんですが、どうしてここまで描かないといけないのかといいましょうか・・・・理解できない点が多かったです。犯罪スリラーものってどこまで描くかって紙一重なところがあるように思うんですよね~。必要か必要でないか、人によって解釈は違うと思うのですが、最後まで誰も救われる人がいない内容ってすっごく負担というか、モヤモヤ感がして後味が悪いといいましょうか・・・

 ただ怖いと思ったのは、この映画のようなことって現実に起こりえる時代になってしまっているということなんですよね・・・・

 ソンミンさんとジェミョンさんの追い詰められたときの演技は流石でしたチョン・へジンさんのかなりイってしまっている演技も・・・。

 この映画日本を含め世界90か国に先行販売されたそうですが・・・。

この記事へのコメント