韓国で映画『寄生虫(パラサイト)』観てきました

 今年のカンヌ国際映画祭で金獅子賞を受賞したのが『寄生虫』。ちょうど先週は韓国映画の端境期だったようで、他に選択肢がなかったというのもあったのですが、やはり観ないわけにはいかないでしょう・・・ということで、観てきました。
画像

 
 この映画は、全員が失業者のキテク(ソン・ガンホ)一家の長男であるギウ(チェ・ウシク)が、友達(パク・ソジュン)の誘いに乗って、実際は浪人生であるのに、大学生と偽り、高額の家庭教師の面接のためにパク社長(イ・ソンギュン)の家に足を踏み入れて始まることになる、二つの家族の出会いを描いた作品で、韓国の格差社会問題をテーマにしています。

 ポン・ジュノ監督作品ですが、韓国の巨匠と呼ばれる監督の作品、個人的にはあまり得意ではなく・・・カンヌ作品ってすっごく好き嫌いが分かれる作品がグランプリに選ばれるような気がするのですが・・・

 まず最初にパク・ソジュンが出演しているのを知らなかったので、驚きました
で、チェ・ウシクとパク・ソダムが兄妹って妙にリアル感あるなぁ~と思ったりしてそして失業者のソン・ガンホアボジ・・・これもハマり役ですわ

 一方でセレブ家族がイ・ソンギュン、チェ・ヨジョン演じる夫婦一家なのですが、チェ・ヨジョンさんがドラマや映画によく出てくる傲慢セレブではなく、とても純粋なマダムでかわいらしい奥様を演じています。家事が一切できないっていうのも妙に納得してしまうという・・・これ意外とハマり役なのではないかと思いました

 そしてこの映画のタイトル「寄生虫」って、映画を観て「なるほど~」と思いました。
ただ、韓国巨匠監督作品によくあるラストの展開・・・
う~ん・・・特に最近、日本社会の中でこれまで考えられなかったような事件が相次いている中、何だか煮え切らないものを感じてしまったりしました・・・。

 








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック