徒然韓国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2019年公演LINE UP

<<   作成日時 : 2019/01/09 22:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

 毎年ご紹介しているように思いますが、今年のミュージカル&演劇のラインナップ記事がありましたので、翻訳してご紹介したいと思います

ミュージカル
 なかなかお目にかかれない一層光栄な来韓公演
1月から来韓公演の風が熱い。去年9月大邱で開幕したミュージカル『ライオンキング』ソウル公演を筆頭に情熱的なダンス場面が印象的な『フレッシュダンス』はイギリスウエストエンドオリジナルチームが来韓し、公演する。
ハリウッドスター、ジャックブラック主演の同名映画を原作にしたアンドリューロイドウェーバーが制作した『スコールオブロック』も上半期に待機中だ。

 ミュージカル界の期待主、創作ミュージカル
 新年始めから大挙登場する創作ミュージカルがミュージカル界に活力を加える。キム・ソニョン、チャ・ジヨン2人の女優がタイトルロールを引き受け話題になった『HOPE』が舞台に上がり、90年台国民ドラマとしてお茶の間の視聴者たちを鷲掴みにした『夜明けの瞳』がミュージカル化される。同名ウェッブ漫画を原作としたソウル芸術団の『神と共に〜現世編〜』も期待を集める。
 
 国内だけではなく、全世界を狙う大型創作ミュージカルも注目を集めるに値する。『マタハリ』、『笑う男』に続きミュージカル制作社EMKミュージカルカンパニーの3つ目の創作初演作である『エックスカリバー』が6月公演を予告している・天才芸術家の人生も変わらず興味深い創作素材だ。天才バイオリニストパガニーニの人生を描く『パガニーニ』、朝鮮中期の女流詩人として名が知られている故ナンソルホンの人生を3人劇ミュージカルとして解き明かす『ナンソル』、ダンスの神と呼ばれた天才舞踊家のニジンスカの人生に再照明を当てた『ニジンスカ』がその主人公だ。

 話題のライセンス初演作

 ミュージカル『スプリングアウェイクニング』の作曲家として有名はダンキンシックの作品『アメリカンサイコ』が来たる5月舞台に上がり、チームバートンの同名映画としてよく知られている『ビック・フィッシュ』も今年年末待機中だ。アーサー王の伝説を現代的に再解析したフランスミュージカル『キング・アーサー』と1940年台後半ハリウッドを背景にした『スターオブエンジェルス』も韓国観客に初めて会う準備をしている。

 再び帰ってくる話題の作品
 
 観客の愛を受けた人気作が舞台に再び帰ってくる。今年10周年記念公演を準備中の『ジャック・ザ・リッパー』、2007年初演以降強烈な舞台と話で一度に観客を鷲掴みにした『スウィニードット』、世界市場を狙った創作ミュージカル『ベンハー』、バレリーナ、メテューボンの代表作ダンスミュージカル『白鳥の湖』も9年ぶりに帰ってくる。『シラノ』、『アイーダ』、『ダーウィン 0の悪の起源』も早く帰ってくる。


演劇

 注目すべき新作 
 ファン・ジョンミンの1年ぶりの演劇復帰作として話題を集めている、ギリシャ悲劇『オイディプス』が来たる29日開幕を目の前にしてして、イギリス代表俳優コリン・パースのデビュー作として有名な『アナザーカントリー』が作品に出演した俳優オーディションを進行し、観客との出会いの準備をしている。LGアートセンター企画公演としてノラが15年ぶりに家に再び戻ってきて繰り広げられる話を描く『人形の家パート2』は来たる4月公開される。
去年ドゥサンアートセンターの新作ワークショップで初めてラインを見せて観客の注目を集めているキム・スジョンの『イカリアの娘たち』も下半期に本公演に上がる。

 再び戻ってくる人気作

 2つに分けられた時空間で4個の話を披露する独特なコンセプトの『ザ・ヘルメット』は、シリア戦争と韓国の民主化運動の話を重々しく描く。マークロスコの実話を再構成した『レッド』、2013年国内初演時批評家と観客に愛された『ヒストリーボイス』も再び舞台に上がる。去年独白形式の独特な3人劇として話題になった演劇熱戦の『キロロジー』、シェークスピアの『ロミオとジュリエット』を現代的に再解析した『R&J』、スティーブンキングの同名小説を舞台化したスリラー演劇『ミザリー』も早くも帰ってくる。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


 記事にはありませんでしたが、私の大好きな演劇『B CLASS』もまた戻ってくるようですので、期待しております

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ゆりっぺさん、こんにちは。
BCLASSのキャスト、発表されましたね。チアキ、デヒョンさんウォンソクさんの再演コンビ、楽しみです。もうないかも…と思っていたイリムテクサンも帰ってきてくれます😊。
私はヤンスヒョンがとても好きだったので、そこはとても寂しいです😿。ヤンスヒョンももうないだろうとは思ってましたが。
密かに噂されていた(?)女子バージョンも気になるところですね。
リア
2019/01/14 13:20
 リアさん、こんばんは。
今日B CLASSのキャスト発表になりましたね〜。
私もヤン・ジウォン君のスヒョン、とっても好きだったので残念ですが、ジウォン君もブンレさんも最近大忙しですよね〜。
 ウンソクさんがテクサンじゃなくてスヒョンというのはかなり驚きでした。ウンソクテクサン、イリムテクサンと全く違ってそれはそれでこちらも良かったので・・・。
なのでまだしっくりこないですが・・・。
 女子バージョンもあるんですね〜。これも気になります。
ゆりっぺ 
2019/01/14 17:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
2019年公演LINE UP 徒然韓国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる