B1A4も避けられなかった「魔の7年」・・・

 最近、あまり驚く韓国エンタメニュースがなかったのですが、久々に驚いたのがまたもやデビューから7ねねン目を迎えたグループの脱退騒動が・・・
 
 今年春に日本でも久々にライブを行ったばかりのB1A4です。
画像


 B1A4はジニョン、バロ、サンドゥル、ゴンチャン、シヌの5人で、私はK-POP音痴ですが、ドラマや映画はよく観るので、バロは『応答せよ』、シヌは映画『怪しい彼女』、ドラマ『雲が隠した月明かり』で知っているので、この2人と再契約をしなかったという話題を目にした時には、この2人は俳優として活動していくのかなぁ~と思ったりしました。

 ちなみに事務所によると、再契約の話し合いの中で、サンドゥル、シヌ、ゴンチャンの3人だけ再契約し、チームのリーダのジニョンとバロは事務所を離れることになったそうです。
 ジニョンとバロは自分の夢を広げるため、それぞれの道を行くことを主張したようで、それを尊重した形になったそうです。

 どうやら事務所との所属契約は最初は7年間の前契約が一般だそうで、そのため、契約満了機関に当たる7年目が「魔」と言われるようになっているのだとか
 
 最近では2NE1、4minites、Rainbow等多くのアイドルグループが契約満了時に解散というカードを選んでいる状態で、MissAなどの場合は、一部のメンバーが事務所を離れて事実上解散ということになっている状況です。

 ファンとしては突然のことで驚くしかない状況なのでは・・・。せめて「解散」宣言してライブで挨拶してくれれば・・・とも思ったりするのですが、今までそんなグループはないような気が・・・
でも最近日本も某事務所のアイドルたち、反乱起こしているのかわかりませんが、脱退続いてますし、この辺は昔と事情が違うのでしょうか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック