徒然韓国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ソウルウォーキングツアー『漢江・切頭山聖地コース』に参加しました

<<   作成日時 : 2017/05/10 21:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 韓国旅行6日目の5月4日のソウルウォーキングツアーは『漢江・切頭山聖地コース』に参加しました。
このコースも参加者私1人でございました・・・

 待ち合わせ場所は合井(ハプチョン)駅の7番出口でした。
画像

画像

 このように近代的な建物の立ち並ぶエリアに遺跡があるのだろうか・・・と思いながら歩きました。

 しばらく行くとYGエンターテイメント前を通過したのですが、ここで近隣住民がプラカードを持って立っていましたなので事務所の写真はなしで・・・

 近郊は昔ながらの建物が並んでいるエリアだそうです。江南エリアより少し価格が安くて住みやすいエリアだそうです。
画像


 そして高速道路の横にある歩道を歩きました。
画像

 
 そしたら見えてきました〜マンウォンジョン(望遠亭)です。
画像


画像
画像

 こちらは、世宗の兄の孝寧大君(ヒョリョンテグン)の別荘で1424年に建てられたそうです世宗は自分が兄思いで良い人物だというのを周囲にアピールして自分が王にふさわしい人物であるというのを認識させるためにこの建物を建てたのだとか・・・
 ちなみにこのように漢江が一望できます。
画像


 ちなみに別名は喜雨亭だそうで、その名のとおり雨を喜ぶ場所として利用されたようです。
 
画像

 ちなみにここはあの暴君で有名な燕山君の時には、妓生との遊び場として使用されたのだそうです
 
 この後は漢江に向かって、高速道路の横に整備されている歩道を歩きました。
この高速道路は最後まで行くと北朝鮮国境まで行くそうで、別名「統一道路」と呼ばれているのだそうです
画像

 
 そして漢江を漢江の歴史を聞きながら歩きました。
画像

画像

画像

画像
 
 サイクリングをしている人が多かったのですが、暑さのためか、お顔完全防備の方が多く、この中に芸能人がいても不思議じゃないよなぁ〜なんて思ったりして

 そして切頭山方面へ。緑の山のエリアです。この「切頭山」という名前ですが、高宗時代に1万人余りのカトリック信者がここで殉教したのですが、処刑の様子を指しているのだそうです
画像


 このエリアには記念館や殉教者の像などがあります。
画像
画像

画像


 この石は殉教者たちが処刑前に座って祈りをささげた場所なのだそうです。
画像


 そしてこの後はヤンファジン(楊花津)の外国人宣教師墓地へ。
画像

画像


 ということで、静かなエリアで、ソウル市内にもこのようなところがあるのだなぁ〜と新しい発見でした。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソウルウォーキングツアー『漢江・切頭山聖地コース』に参加しました 徒然韓国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる